商品説明 ■伝説のアウトドアブランド復活 第二次世界大戦以降、急速に発展してきたアメリカのアウトドアウエアの中で、最も大きな存在感を放ってきたブランド「HOLUBAR(ホルバー)」。

アメリカで「アウトドア用品の老舗ブランド」といえばHOLUBARだそうです。

米コロラド州ボルダーにて1947年に創業した、アメリカ屈指のアウトドアの専門ブランドでアリスとロイのホルバー夫妻がコロラドで軍余剰品のダウン入り寝袋を販売したのがHOLUBARの始まりです。

その後、2人がアウトドア活動に傾けるひたむきな情熱はいつしか本当の仕事となり、専門家と共に歩んできた歴史の中で、数々の先進的な技術、素材を反映した革新的なアイテムを世に送り出していきましたが、様々な事情があり夫妻はブランドを売却。

80年代以降はTHE NORTH FACE(ザ・ノースフェイス)を始めとするアウトドアブランドにオーナーを変えたものの、一時ブランドが消滅するという憂き目に遭っておりました。

その後2011年にイタリア資本によって見事ブランドが復活。

アウトドアの機能性は残しつつも、スマートさとエレガントさを含み、より現代的で魅力的なダウンジャケットに仕上がっています。

■SHORT HUNTER ブランドを象徴する名作「DEER HUNTER pARKA(ディアーハンターパーカー)」をベースに、着丈をスッキリ短くしたダウンジャケット。

DEER HUNTER pARKAとは、映画『ディア ハンター』でロバート・デ・ニーロが着ていたマウンテンパーカー。

アメカジ=ヘビーデューティの象徴として長く語り継がれることになりました。

そして奇跡の復刻を遂げ、当時のディティールを踏襲しつつ、現代的に再構築。

素材、機能性、着心地、デザインあらゆる面で妥協を許さない最高峰のダウンジャケットです。

■生産とダウンへのこだわり 現在の本拠地であるイタリアと高い技術を持つルーマニアでの生産にこだわり、ルーマニアは多くのイタリア発の高級ダウンブランドを手掛けた技術者達が現地で直接指導を行っています。

またダウンはイタリア最大手のMINARDI(ミナルディ)社からヨーロッパ地域内生産100%のダウンを使用。

■上品な光沢感とハイレベルな耐久性 オリジナル素材を忠実に再現した『BIRCAM』はイタリア大手ファブリックメーカーLIMONTA(リモンタ)の特注ファブリック。

高密度な綿ツイル生地で、 対引裂きなどハイレベルな耐久性を有しています。

また、特殊なバックコーティング加工を施し、ハリ感とややオイリータッチを表現。

撥水効果も期待でき、お天気の悪い日にも楽しむことができるのは嬉しいですね。

■マフラー要らずの暖かさ スタンドネックは、首の部分にまでもたっぷりダウンが入ります。

首に優しくフィットし、フードを閉めて着用すると隙間が覆われ、マフラー要らずの暖かさ。

マチを大きく取ったフラップ付きの大型ポケットは、70年代後半のマウンテンパーカを象徴するディテール。

フロントはジップ&スナップのダブルジップ仕様、スナップはHOLUBAR社の刻印の入ったレザーを補強革として使用しており、そのデザイン性に惹かれます。

妥協のないマテリアルと機能美の大人なダウンジャケットです。

※ メーカー希望小売価格はメーカー商品タグに基づいて掲載しています。

ブランドを象徴する名作「DEER HUNTER PARKA(ディアーハンターパーカー)」をベースに、着丈をスッキリ短くしたダウンジャケット。

DEER HUNTER PARKAとは、映画『ディア ハンター』でロバート・デ・ニーロが着ていたマウンテンパーカー。

アメカジ=ヘビーデューティの象徴として長く語り継がれることになりました。

そして奇跡の復刻を遂げ、当時のディティールを踏襲しつつも、現代的に再構築。

素材、機能性、着心地、デザイン、あらゆる面で妥協を許さない最高峰のダウンジャケットです。

現在の本拠地であるイタリアと高い技術を持つルーマニアでの生産にこだわり、ルーマニアでは多くのイタリア発の高級ダウンブランドを手掛けた技術者達が現地で直接指導を行っています。

ダウンはイタリア最大手のMINARDI(ミナルディ)社からヨーロッパ地域内生産100%のダウンを使用。

1916年創業のMINARDI社は、テルミニッロ山からの湧水を十分に使い、100年の歴史の中で培われてきた洗浄方法で7回もの洗浄を繰り返し良質なダウンをさらに良質にします。

ダウンの原毛から製品に至るまでの工程を一貫して生産する事で、品質を落とす事無くコストダウンされ比較的低価格で最高級のダウンが手に入るとあって、世界中から注目されています。

オリジナル素材を忠実に再現した『BIRCAM』はイタリア大手ファブリックメーカーLIMONTA(リモンタ)の特注ファブリック。

高密度な綿ツイル生地で、対引裂きなどハイレベルな耐久性を有しています。

リモンタ社は1893年、ヨーロッパで最も繊維生産地として伝統のあるイタリア北部コスタ・マズナーガにて創業。

最先端のハイファッションブランドであるエルメスやルイ・ヴィトン、プラダなどの服地や靴のアッパー素材などバリエーションに富んだ上質なファブリックを生産しています。

最大の特徴はイタリアならではのカラーリングの素晴らしさと一目でわかる上質な艶感。

最高級であるがゆえの高い耐久性を誇り、凡庸な皮革以上の光沢感と風合いを兼ね備えています。

また、特殊なバックコーティング加工を施し、ハリ感とややオイリータッチを表現。

撥水効果も期待でき、お天気の悪い日にも楽しむことができるのは嬉しいですね。

スタンドネックは、首の部分にまでもたっぷりダウンが入ります。

首に優しくフィットし、フードを閉めて着用すると隙間が覆われ、マフラー要らずの暖かさ。

マチを大きく取った『フラップ付きの大型ポケット』は、70年代後半のマウンテンパーカを象徴するディテール。

フロントはジップ&スナップの『ダブルジップ仕様』、スナップは『HOLUBAR社の刻印の入ったレザー』を補強革として使用しており、そのデザイン性に惹かれます。

また、地図を収納するために設けられたとされる背面の『マップポケット』もリアルに再現。

妥協のないマテリアルと機能美の大人なダウンジャケットです。

HOLUBAR(ホルバー) HOLUBAR(ホルバー)はROYとALICE、HOLUBAR夫妻が第二次世界大戦の登山用サープラス品をデンバーに買い付けに向かったところから始まります。

彼らはミリタリーの特別な機能を多くのアウトドアギアの機能に生かすことは出来ないかと考え、それをもとに自分達で製造を開始しました。

正式な設立は1947年。

彼らのまわりにはいつの間にか本物のクライマーや熱狂的なアウトドアマニアが集まるようになり、後に名を残す、多くの有名なアウトドアブランドの若き創業者に大きな影響を与えました。

HOLUBARは夫人の病を理由に他社に手放された後、いくつかのアウトドアブランドに渡り、一時は消滅することに。

そして2011年にイタリア FRITZ S.R.L社のALBERTO RAENGO氏により復活を果たしました。

今後、多くのHOLUBAR(ホルバー)の名品が展開される予定です。

※ 全てサイズ2(S)着用(173cm/61kg) HOLUBAR 一覧はこちら >> 1(XS) 2(S) 3(M) 4(L) 裄丈 90cm 92cm 94cm 96cm 身幅 52cm 54cm 56cm 58cm 着丈 65cm 67cm 69cm 71cm シルエット 肩周り ゆったり├──┼──●──┼──┤ タイト 身幅 ゆったり├──┼──●──┼──┤ タイト アーム 太め ├──┼──┼──●──┤ 細め 着丈 長い ├──┼──┼──●──┤ 短い 生地 厚さ 厚い ├──●──┼──┼──┤ 薄い 肌触り   硬い ├──●──┼──┼──┤ 柔らかい 防水性 あり ├──●──┼──┼──┤ なし サイズについて詳しくはこちらより サイズ1(XS)を着用。

普段はXS・Sサイズを着用。

サイズ1(XS)の大きさで丁度いい感じ。

着丈が短いスッキリとしたデザイン。

生地の風合いやディティールから、高級感が伝わってきます。

サイズ2(S)を着用。

普段はS・Mサイズを着用していますが、サイズ2(S)でジャストな感じ。

アームも細身で野暮ったくない現代的なシルエット。

中綿にイタリア産の高級ダウンを使用し、とても暖かです。

(※上記の写真モデル) サイズ3(M)を着用。

普段はMサイズを着用しています。

サイズ2(S)でも着られなくはないですが、余裕をもってサイズ3(M)を選びました。

ハリ感と上品な光沢感のあるイタリア生地は風合いが他の生地とは違います。

サイズ4(L)を着用。

普段はLサイズを着用していますが、窮屈感なく着用できます。

首の部分にまでもたっぷりダウンが入りとても暖か。

シンプルなデザインで、幅広いカジュアルスタイルに活躍するおすすめのアウターです。

カラー ダークグリーン、ダークブルー、ブラック、カーキ   素材 表地:綿82%、アクリル18% 裏地:ポリエステル100% 中綿:ダウン80%、フェザー20% 皮革部分:牛革   生産国 MADE IN ROMANIA   注意事項 ※タンブラー乾燥などはお控えください。

  洗濯表記

レビュー件数6
レビュー平均4.5
ショップ ROCOCO attractive clothing
税込価格 79,920円